SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イタリア旅行記 健康・医療・美容・生活

イタリア旅行記 きょうの健康・医療・美容・生活
<< つ、遂にザルツブルグ音楽祭デブー シュトラウス「バラの騎士」 貴族的、あるいは「高貴」とは何か すみません、わたしは旅行中なもので、タキシードは持ってません、お許しください。 [イタリア2015] | main | 「酒の出る監獄」 ヴィピテーノ近郊のある谷深いところにある一軒宿 こういう滞在できる宿がニセコにできない理由 [イタリア2015] >>
ヴィピテーノ ブレンナー峠まで20キロの小さな町 でも独自企業の本社がある シュテルツィング [イタリア2015]
ヴィピテーノ

ドイツ語ではシュテルツィング。2500メートルくらいの山に囲まれた、小さな町です。人口6300人、標高948メートル。ここからしばらく行った谷間にあるホテルに1週間滞在してるんですけどね。
はっきり言って、イタリア語よりドイツ語のほうがぜんぜん優勢です。
町の真ん中に、双頭の鷲が描かれた時計塔のある古い門があって、その門を挟んで中世の町がメインストリートとして広がっていて、観光客多数。

ヴィピテーノ
ヴィピテーノ
門を挟んで新市街と旧市街になっているのですが、旧市街の古い建物は14世紀の建物がホテルとしてしっかり営業中でした。室町時代やがな。
まあ、なんということはない、こじんまりとした町です。
あと、登山のために訪れている人も多いみたい。

この町の郊外に、Leitner Ropewaysという会社の本社があります。この会社のロープウェイやリフトは世界中に輸出されていますが、日本製よりはるかに優れた、高機能でハイテクなものです。ボルツァーノの町とソプラボルツァーノ村を結んでいるロープウェイがココのものでしたが、乗ってみてホントに驚きました。日本はこの分野では全然遅れていると思いますね。
イタリアにはこういう、独自性のあるよい会社がたくさんあると、ミラノの領事館の人に聞きました。

ヴィピテーノ Leitner Ropeways

フェラーリに乗っているのはだいたいジジイ。まあマウンテンバイクに乗っているのもジジイだったりするが・・・
日本もイタリアも、ジジイは元気だなあ。

ヴィピテーノ

ヴィピテーノ
| - | 22:33 | - | - | pookmark |