SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イタリア旅行記 健康・医療・美容・生活

イタリア旅行記 きょうの健康・医療・美容・生活
<< カピトリーノ美術館 マルクス・アウレリウス騎馬像 カラヴァッジョ ローマ市内観光 [イタリア2015] | main | 矯正治療は「自分に対する投資」です >>
ミラノ乗り継ぎ リナーテ→マルペンサ空港3時間の乗り換えは無理ゲー [イタリア2015]
マルペンサ空港

イタリアに難民申請したのですが、体重制限で引っかかって認められず、しかたないのでローマから「帰ろう」と思って、旅程を確認してみると、なんとミラノ乗り継ぎは同じ空港ではなくて、ローマからの飛行機はリナーテ空港に着くので、自分でマルペンサまで移動しなければならない。
リナーテ着からマルペンサ発までの乗り換え時間は3時間。可能なのか? ネットで見てみると、乗り換えに成功したケースが書かれているのを見つけたので、「じゃあ行けるんじゃん」と安心しました。
翌日朝、初めてテルミニからバスでフゥミチーノへ。マッジョーレ教会やコロッセオ、カラカラ浴場、サンパウロ教会、エウルを眺める、なかなかの観光コースです。こりゃあいいやと思いつつ、空港でチェックイン。

エウル

飛行機に搭乗したのですが、なかなか飛びません。となりの女性に時計を見せてもらったら、18分遅れで離陸しました。
リナーテに着いたら、こんどは荷物がなかなか出てきません。タクシー乗り場に人が並んでいるので、バスに乗ったらなかなか出発しません。バスがスタートしたら渋滞です。
やっとミラノ中央駅に着いたら、バス停は駅の反対側に移動しているので長大な駅を横切ってマルペンサ行きのバス乗り場へ。
マルペンサ行きのバスも渋滞。ターミナル2の乗降にも時間を取られ、結局着いたら離陸時間25分前で、チェックインカウンターには人の影がありません。
これはそもそも無理な乗り換えだったみたいです(「土日など、すいているときは間に合うこともある」と係の人が言ってました)。
「どうすりゃいいのか」とインフォメーションで聞いたら、「チケットカウンター」に行けと言われたので、チケットカウンターに行って、「他の便に替えてほしい」と言ったら、いろいろ探してくれて「今晩の、北京経由のエア・チャイナのエコノミークラスであれば振り替えできます」と言われました。
しかしわたしは、二度と中国のような不浄の地には行きたいとは思っていないし、ましてや中国人とエコノミークラスに押し込められるなんて拷問以外の何ものでもないので、「翌日の便はどうですかね」と聞くと、満席とのこと。
とりあえず待ってる間に、翌日の東京のミーティングを二つキャンセルしました。
またいろいろ調整してくれて、なんとか翌日の同じ便に席を確保してもらいました。ここまで1時間。
「アコモデーションは?」と聞かれたので、「その向こうの椅子で寝る」と言ったら笑われて、ホテルの手配と移動の手配をしてくれました。
そのあと日本人スタッフを呼んでくれて、軽食バウチャーもくれたので、それで昼飯を食べて、ホテルに移動になったのですが、私一人が大型バスに乗ってホテルに移動しました。どんだけ環境に悪いんだよ。アリタリアはバスの便しか手配できないらしい。
デザインの凝った4つ星ホテルで、また食事がとてもうまく、ワインのセレクションもよく、ベッドもよかったのでぐっすり眠れて言うことはありません。
翌日正午にチェックアウトして、冷蔵庫のミネラルウォーター代だけ1.5エウロ払って、また大型バスでマルペンサまで送ってもらいました。
アリタリアは、エティハド航空に買収されてから、客扱いが変わったんですかね? まあでもこれなら、これからも安心して使えそうです。
| - | 20:36 | - | - | pookmark |