SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

イタリア旅行記 健康・医療・美容・生活

イタリア旅行記 きょうの健康・医療・美容・生活
江戸川区 整体 葛西オステオパシールーム
オステオパシーは、西洋医学とも東洋医学とも概念やアプローチが少し違うため、
「医者に行ったが検査では異常がなく、”どこも悪くないですよ?”と言われたものの、
本人はすごくつらく、悩んでいる・・・・ 」

という場合や、
「病院や接骨院、整体や鍼灸など色々な所を周ってみたが、今一つ原因もハッキリせず、
あまり改善しなかった・・・・ 」

という場合などには、
特にオステオパシーが効果を発揮することも多いと思います。

江戸川区 整体 葛西
| - | 14:29 | - | - | pookmark |
点滴パックをつるす棒をベッドや車いすにワンタッチで取り付け
医療用の点滴パックをつるす棒をベッドや車いすにワンタッチで取り付けることができる装置「カチャっと君」を、三重大学と三重金属工業(津市)が共同で開発した。作業が格段に楽になり、付き添いの看護師も減らせるという。同社が特許を出願中だ。

三重大病院から「患者を搬送する時に、点滴パックなどを付け替える時間を短くしたい」と提案されたのが開発のきっかけになった。医療分野などの産業振興をめざす県の「みえメディカルバレープロジェクト」の一環で、2011年から開発を始めた。

「カチャっと君」は、点滴パックをつるす棒とキャスターを分離できる仕組みになっている。樹脂製のスタンド(高さ約45センチ、直径約52センチ)を点滴棒の足元に取り付け、ペダルを踏むなどしてワンタッチで着脱できるようにした。
| - | 13:36 | - | - | pookmark |
「やぶ医者大賞」を今秋にも創設

 医師不足に悩む兵庫県養父(やぶ)市が、全国各地で地域医療に力を尽くしている医師を顕彰する「やぶ医者大賞」を今秋にも創設する。

 かつては名医を指したとの説がある「やぶ医者」の発祥地として、地域医療を重視する姿勢をアピールし、医師確保につなげたい考えだ。

 大賞は、へき地などで困難を乗り越えて医療に従事している人をたたえ、賞金100万円を贈る。今後、選考基準などを詰めた上で、秋にも授与式を開く計画。式に合わせ、地域医療について考えるフォーラムの開催も検討している。

  やぶ医者の語源は諸説あるが、俳人・松尾芭蕉の高弟・森川許六(きょりく)が江戸中期に編さんした「風俗文選(もんぜん)」では、但州養父(現養父市)に 隠とんする良医が、死にそうな病人を回復させるほどの治療を何度も施し、その教えを請うた者が全国に広がったとし、本来は名医の呼称だったと記している。 しかし、その弟子を名乗って、おざなりな治療をしたり、金もうけに走る者が出たりしたため、いつしか下手な医者の代名詞に変わり、「藪(やぶ)」の字が当 てられるようになった、という。

 養父市は県北部の山あいにあり、人口約2万6000人。2004年に4町が合併して発足した。

  市内唯一の公立病院である八鹿(ようか)病院では、04年に52人いた医師が現在、38人まで減少。全23診療科中、脳外科など7科は常勤医師が1人しか おらず、小児科と眼科は常勤医師がゼロの事態になっている。受診に来た女性(60)は「地域の高齢化が進んで医療を求めている人はいっぱいいる。頼る病院 はここしかないので、頑張って医師を確保してほしい」と訴える。

 市も「このままでは医療態勢への不安から人口減に拍車がかかる」との危機感から、11年度に医師を確保するため、地元ならではの「やぶ医者プロジェクト」をスタートさせた。

| - | 09:26 | - | - | pookmark |
STAP細胞」の論文問題、iPS細胞との比較部分を撤回
「STAP細胞」の論文問題で、理化学研究所は1月下旬に論文発表の記者会見で配布した資料に、iPS細胞(人工多能性幹細胞)との比較で「誤解を招く表現があった」として18日、一部を撤回すると発表した。

 資料はSTAP細胞の作製効率が30%以上で、iPS細胞は0・1%程度と説明していた。これについて京都大の山中伸弥教授は2月、ホームページで「iPS細胞の作製効率は20%に向上している」などと指摘していた。

 理研広報室によると、資料は、論文の主要な筆者の一人である理研発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹・副センター長が書いたという。

| - | 17:29 | - | - | pookmark |
体外で増やした角膜の細胞を移植する臨床研究
角膜が濁って視力が大幅に下がる「水疱(すいほう)性角膜症」の患者に体外で増やした角膜の細胞を移植する臨床研究を同志社大や京都府立医科大などのグ ループが始めた。3人に移植し、視力がよくなるなど効果が上がっているという。角膜の細胞を増やして移植した治療法は世界で初めてという。12日発表し た。

 水疱性角膜症は、角膜の内側にある角膜内皮細胞が病気やけがで傷つき、角膜が濁る病気。人間やサルの角膜内皮細胞は増えて再生しな いため、これまでは角膜や内皮の移植しか治療法がなかった。国内で角膜移植を受ける人は年間約3千人いる。その6割以上が水疱性角膜症だという。

 同志社大の小泉範子教授(医工学)らは、角膜内皮細胞を体外で人工的に増やし、角膜の裏側に注入して定着させる技術を開発。角膜内皮細胞をはがしたカニクイザル14匹に移植し、細胞が定着して濁りが治ることを確かめた。

  米国のアイバンクから提供を受けた10代の人の角膜内皮細胞をこの方法で増やし、京都府立医大の木下茂教授(眼科学)らが、昨年12月から今年2月にか け、3人の患者に1人あたり約100万個移植した。まだ経過途中だが、0・06以下だった矯正視力が0・1〜0・9に回復しているという。

 グループは2014年度からの2年間で約30人に移植する計画で、17年には企業と協力して製品化を目指す。

 
| - | 00:12 | - | - | pookmark |
初めてSTAP細胞の再現実験に成功/理研
理研は5日、小保方晴子研究ユニットリーダーが1月末の論文発表後、
 初めてSTAP細胞の再現実験に成功したことを明らかにした。
 実験の客観的な証明には第三者による再現が必要だが、成果の正しさを一定程度裏付けた形だ。

  理研によると、小保方氏は理研発生・再生科学総合研究センターで先月、再現実験を開始。
 論文通りの手法でマウスの体細胞を弱酸性溶液で刺激し、あらゆる細胞に分化できるSTAP細胞を作製することに成功した。
 細かい実験手順も含め同センターとして正しさを再確認したとしている。
| - | 00:10 | - | - | pookmark |
町田の整体治療室 たむら整体治療室
町田の整体治療室 たむら整体治療室
首を整えると、体がどんどん丈夫になる!徹底的に首を整える整体院です。

当院は人間が本来もっている自然な回復力を最高に高めることを目的に
しています。


したがいまして、特定の症状や病を重点的に治そうと努める治療スタイルでは
ございません。

予約は、お電話にてお申し込みください。

たむら整体治療室の院長


 
| - | 00:32 | - | - | pookmark |
インフルエンザの予防接種で埼玉の医師会に公取から排除命令、「13歳以上は4450円」
埼玉県吉川市と松伏町の「吉川松伏医師会」がインフルエンザの予防接種で最低料金を設定して会員の価格競争を妨げたとして、公正取引委員会は27日、独占禁止法違反(事業者団体の禁止行為)で、再発防止を求める排除措置命令を出した。同医師会は違反行為を認めた。

 公取委によると、同医師会は2011年と12年、理事会で予防接種の最低料金を「13歳以上は4450円」などと取り決め、会員の病院などにファクスで通知し、守らせていた。

 同医師会は10年に二つの医師会が合併してできた。合併前の「吉川市医師会」は1998年ごろから料金設定をしていたという。
| - | 12:52 | - | - | pookmark |